絵本コラム - 大人も子供も大好き

みそしるをつくる

他のコラムを見る

絵本の内容

懐かしいけど新しい、おみそしるの絵本です。めしあがれ。

高山なおみ 文 / 長野陽一 写真 / ブロンズ新社

喜久屋書店のオススメ理由!

お正月に、お雑煮を食べた方も多いのではないでしょうか。メガネをかけていたら、目の前が見えなくなるほどたっぷりの湯気。
汁ものって、メニューにあるだけで食事が何ランクも格上げされるほど特別な存在です。
今回はお雑煮、ではなく、おみそしるの絵本です。

「おおきい おわん ちいさい おわん おみずをたっぷりいれまして。」から始まるこの絵本は、ひとことで言うと「レシピ本」です。

この一冊でおいしいお味噌汁が、本当に作れてしまいます。なのに、なぜか物語のように感じるのでとっても不思議。
それは、材料として使われているニボシや昆布が、キャラクターのように大切にあつかわれているからかもしれません。

実際に五匹のニボシは、たくさんのニボシの中からオーディションされて勝ち抜いたメンバーだそう。
そして写真絵本の中にさりげなく出てくるイラストが、楽しそうな雰囲気を存分に出しています。

お味噌汁を作るのに登場するお椀やお鍋は、撮影用に用意されたのではなく、すべて料理家の高山さんが実際に使っているものです。良い感じに使い古されて、いい味になっています。

この絵本のデザインや作中のイラストは、JTの広告を描かれたデザイナーの寄藤文平さんです。
「大人たばこ養成講座」のイラストを、みなさんも一度は目にしたことがあるのではないでしょうか。

絵本の最後の、「で で で で できました。」のところは、はじめはシンプルに「できました」だったそうです。寄藤さんの、徐々にお味噌汁が近づいてくる写真の演出に、文章も後から合わせられたのだとか。面白みがグッと増していますよね。

最後に気になる一文が。「ぎゅうにゅう いれても おいしいよ」。お味噌汁に牛乳?と思う人もいるかもしれませんが、おわんに入れてからドボドボと入れるのではだめですよ~!お味噌汁を鍋であたためながら、少しだけ入れるのが美味しくいただくコツだそうです。


みなさんのお気に入りの具はなんですか?大根やわかめ、豆腐にお麩など、想像するだけでほっこり。
最近の私のマイブームは、お味噌汁につぶした梅干を入れることです。
アクセントがついていて、一度食べて以降、なんだかふと食べたくなるメニューになりました。ぜひ牛乳と合わせてお試しください。

以上、子ども館酒井でした。

喜久屋書店 

北海道から九州まで全国に出店。阿倍野のアポロ、ルシアスビルには「子ども館」も展開しております。
詳細はHPにてご確認ください。

» 喜久屋書店

他のコラムを見る

ママ子のつぶやき ~子育てママ子の本音がポロリ。

  • コロナでドタバタだった昨年。きっと今年もそうかな。ならそれで楽しんでいこう。
    子どもたちが元気になるなら、そうしよう。
    2021/01/05
  • コロナでドタバタだった昨年。きっと今年もそうかな。ならそれで楽しんでいこう。
    子どもたちが元気になるなら、そうしよう。
    2021/01/05
  • 夏休みが始まったところだけど、早く幼稚園と学校が始まるのが待ち遠しい。。。
    2019/07/30
  • 今月の絵本コラムの「きょうりゅうのサン」これ読んだだけでも泣ける・・・
    2019/07/01
  • ハロウィン♪可愛い子供たちがますます可愛い一日。仮装って親子でテンション上がる↑
    2018/10/31
  • GWが半分終わった。幼稚園と学校があって助かる~ 後半の連休いらないよ~
    2018/05/01
  • 運動会、みんなと一緒に並んでる!ちゃんと団体行動できるようになったのね。
    2017/10/19
  • 電気代を見て驚く。。。驚く、驚く。
    2017/08/29
  • この暑いときに、ダンナの近くにおったら余計に暑いわ!やせてくれ!
    2017/07/17
  • 家の中では暑いからと裸族が出現!健康的でまぁいっか。子どもは裸んぼが大好き
    2017/06/09

ママココ大阪公式facebookページ

PAGE TOP