絵本コラム - 大人も子供も大好き

とんでもない

他のコラムを見る

絵本の内容

ぼくはサイのかたい皮がうらやましい、でもサイはウサギがうらやましくて…。
動物たちにもいろいろ悩みがあるの?

鈴木のりたけ作/アリス館

この本をプレゼント!応募はこちらから

喜久屋書店のオススメ理由!

ぼくはどこにでもいる普通の子、ぼくにしかできないことやすごいところなんて、そんなのひとつもみつからない…。

サイはいいなあ。鎧のようなかっこいい皮がうらやましいと男の子は思っています。
サイからすると、鎧のような立派な皮がうらやましいって?とんでもない!


重たくて歩きまわる為にはたくさん食べないといけないし、鎧の為に食べているようなもので、ぼくの為に鎧があるのか?鎧の為にぼくがいるのか?分からなくなるようで。

そしてサイもまた、うさぎみたいにぴょんぴょん跳ねまわってみたいとうさぎをうらやましく思っています。うさぎもぴょんぴょん跳ねまわれていいねって?とんでもない!

昼寝していた時に、どんぐりが落ちてきて、びっくりして飛び跳ねてしまって、池にはまってしまったそうで、ぴょんぴょんなんてうんざりだそう。

そしてまたうさぎも、大きな体でゆったり泳ぐクジラだったらよかったのにとクジラをうらやましく思っています。
クジラも大きな体でゆったり泳いでみたい?やめたほうがいいよ。とんでもない!
海の中には、大きさを比べるものが、なにもないので自分が大きいのか分からないし、泳いでいるのか、止まっているのかさえわからないそうです。どうせ大きいんだったら陸の上でいろんなものを見下ろせるキリンを、クジラはうらやましく思っています。

そんなキリンは空を飛べる鳥を、鳥は強いライオンを、うらやましく思っています。
強くてうらやましく思われているライオンはいったい誰をうらやましく思っているのでしょう…?

この『とんでもない』のあとに『なんでもない』が出版されています。
こちらは自分がいかに恵まれているか力説する動物たちの自信に満ちあふれた表情がみどころで、なんだかつられて自信が湧いてくるような、真逆なかんじの作品で動物から動物へ「なんでもない」が楽しくリレーされていき「人にあれこれいわれても気にしない。
自分のことは、自分がいちばんよくわかっているんだもん!」と元気になれるお話です。


みんなそれぞれ人には分からない悩みや苦労があるということを、ユニークで遊び心がつまった迫力のあるイラストでなんともいえない哀愁の漂った動物たちが描かれています。

最後のページに絵さがしのおまけがあったり、裏表紙のイラストで動物たちの日常の姿が描かれていて読んだあとも楽しめる絵本になっています。以上、子ども館万波でした。

喜久屋書店 

北海道から九州まで全国に出店。阿倍野のアポロ、ルシアスビルには「子ども館」も展開しております。
詳細はHPにてご確認ください。

» 喜久屋書店

他のコラムを見る

ママ子のつぶやき ~子育てママ子の本音がポロリ。

  • コロナでドタバタだった昨年。きっと今年もそうかな。ならそれで楽しんでいこう。
    子どもたちが元気になるなら、そうしよう。
    2021/01/05
  • コロナでドタバタだった昨年。きっと今年もそうかな。ならそれで楽しんでいこう。
    子どもたちが元気になるなら、そうしよう。
    2021/01/05
  • 夏休みが始まったところだけど、早く幼稚園と学校が始まるのが待ち遠しい。。。
    2019/07/30
  • 今月の絵本コラムの「きょうりゅうのサン」これ読んだだけでも泣ける・・・
    2019/07/01
  • ハロウィン♪可愛い子供たちがますます可愛い一日。仮装って親子でテンション上がる↑
    2018/10/31
  • GWが半分終わった。幼稚園と学校があって助かる~ 後半の連休いらないよ~
    2018/05/01
  • 運動会、みんなと一緒に並んでる!ちゃんと団体行動できるようになったのね。
    2017/10/19
  • 電気代を見て驚く。。。驚く、驚く。
    2017/08/29
  • この暑いときに、ダンナの近くにおったら余計に暑いわ!やせてくれ!
    2017/07/17
  • 家の中では暑いからと裸族が出現!健康的でまぁいっか。子どもは裸んぼが大好き
    2017/06/09

ママココ大阪公式facebookページ

PAGE TOP